経費の精算について

経費精算を効率よく行っていますか?私も知らなかったのですけど、今は、経費精算のことについてたくさんの提案が行われているのですね。多くのソフト開発も行われています。
経費、というのは、仕事をしていく上で、本当にたくさんあるものですね。出張費用、物品の購入、接待など様々な費用が発生します。それによって経理上おきてくるのが、立替払いや仮払い、そして請求書による支払いといった経費精算です。これが本当に厄介なものになるのですよね。
今、この経費精算をクレジットカードの利用によってシンプルに効率よく行おう、ということが提供されているのです。つまり電子化してしまおう、ということですね。仮払いや立替払いという清算の複雑な手続きを電子化によって行うことで、より効率よく行う、また、手数料の削減につなげよう、というものです。

経費清算の不正を防ぐ

会社側に認めてもらえない経費というものも出てきますよね。稟議書のないものについては、実費精算してもらう、これも、会社にとって当たり前のことです。また社員が会社が購入するのと一緒に、何かを私的に購入したい、という場合もありますよね。そんなときにも便利になります。
稟議書の出ていないものについては、会社の承認のないものとして、社員個人に請求を送る、ということができるようになったのです。これは、画期的だと思います。誰が購入したのかわからない、というようなことが多々あった会社でも、この経費精算であれば、清算が終わらない、不正があった、ということを防ぐことが出来るようになります。
こういった会社に必要な経費、というものにまぎれて、私的な買い物をする、という方、いるみたいですね。実際に。小さなものでも、会社が購入するものと個人で購入するものは当然のことながら、分けなくてはなりません。

経費精算システム

でも、実際には、こういったことを「なあなあ」で済ませてしまう、という方が多いという現実があります。経費精算のこういった取り組み、ソフトを使用することで、このような曖昧な経費、というものがなくなっていくと思います。クリーンな経費精算が出来る、ということになると思います。
ソフト導入、ということに当たって、こういった方法を行う場合には、他の方法よりも大きな金額がかからない、というメリットもあるようです。不景気、という状態の今、こういった費用もなるべくコストダウンしたいものです。経営者にとっては、新しいものの導入も頭の痛いものです。
ですが、この方法で非常に低コストでこういったシステムの構築が出来るようになるのです。これは、ぜひ、注目していただきたいですね。

経費精算